★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

セムラ、断食前の甘いパン

f0023570_5215873.jpg
 ここの所、更新が滞っていてごめんなさい。翻訳のアルバイトが入っていて、夜はほとんどそのためにパソコンに向かう日々です。

日中は日中で、娘の幼稚園探しにあっちへこっちへと毎日バタバタ。今年の10月に娘は4歳になるので、その前後で入れればちょうどいいと思ってはいるのですが、実はスウェーデンは今ベビーブーム。街では保育園・幼稚園不足が深刻な問題なのです。だから早めに市へ書類提出し、見学の依頼をし、見学が終わった時点でひたすら空きが出るのを待つ状況。希望を何箇所か挙げられるのですが、その分、見に行っては比較をして第一希望を市に伝えなおしたり、完全にシステムが理解できていない分、無駄な動きも大いにあるような気がしています。

どの幼稚園へも、徒歩で何分かかるかを知りたいので、バスに乗る距離でもあえて歩いてまわっています。今朝はマイナス5度の中、ベビーカーを押して汗かくくらいの闊歩25分。幼稚園の見学を終えて、寒々しい冬景色の公園を突き抜けて、街に出てきました。川、凍ってます。

f0023570_5222480.jpg
 道も凍っています。

一生懸命歩いたから、



f0023570_5315222.jpg
 お店の窓にも飾られている、この甘いパンを食べて休憩。この時期にしか食べられないパンです。
f0023570_533699.jpg
 古い街の喫茶店といった雰囲気ですが、スウェーデンのカフェというとこういう雰囲気が多いのですよ。どちらかというと年齢層は高めですね。若者はスタバのスウェーデン版にたむろしてます(笑)

f0023570_5323669.jpg
 これが今日食べたセムラ。Semle/Semlor(単数・複数)。クリスマス期間が1月の上旬に終わり、気が付いたらサフラン入りのパンがセムラに入れ替わっていました。でも本当は今日、2月28日がセムラを食べる日、Fettisdagenなのです。復活祭までの46日間は断食の期間。その断食が始まる三日間は飲み食いのお祭り騒ぎ、最後に乳成分・脂肪たっぷりのセムラを食べて断食に備えたのだそうです。もちろん今は断食の習慣もなくなり、食べ物だけが文化として残ったようですが、やはり店に出回るのはこの時期限定。確かに私も夏に来てから1月までは一度もお目にかかりませんでした。

f0023570_5462721.jpg
 別のパン屋さんにもずらりと並んで、セムラの看板。

f0023570_5465957.jpg
 これまた別のカフェでもセムラ。

街中はセムラ一色。スウェーデン人もセムラ、セムラ、セムラ、、、0歳児から(これ本当)老人まで美味しそうに食べています。

f0023570_5492397.jpg
 セムラとは、パン生地に生クリームとアーモンドペーストが入った物です。パンは少し甘めのバターロールに近い食感。レシピを調べると卵も入るから、ブリオッシュに近いかな?カルダモンがパン生地に入っているところも多い。カルダモンはスウェーデンのパンやお菓子によく使われるスパイスの一つですね~ 

上を切り落として、下の部分のパンを少しくりぬいたところにアーモンドペーストが入り、その上にクリームというのが多いようですが、今日食べたものは、生クリームにアーモンドペーストが混ぜこまれていました。ここ数週間食べ比べてみた中で、私は今日食べたのが一番好みでした。生地自体がパンということもあって、ケーキより食べやすいのですが、断食もしないのにセムラの食べ比べをしていたら、コートを脱ぐ季節にはすっかり脂肪がついてそうで、かなり恐ろしい・・

早い物で明日から三月。北欧の冬はまだまだ続きますが、それでも日増しに日照時間が長くなっているのはありがたいこと。一日10分ごとに日照時間が延びているんじゃないかと思うくらい、グン、グン、と長くなっています。

寒いけど、気分は春、ってことで娘と「は~るが来た~♪ は~るが来た~ どこへ来た♪」なんて歌いながら歩いていたら、また雪が降ってきました。春は名のみの~♪ですね・・
でも今日、また見られました!
f0023570_621855.jpg

娘の防寒ウェアには雪の結晶の模様入り。そこに本物の結晶。(分かっていただけるかしら?)
この冬二度目ですが、やっぱり感動しました~
[PR]
by kanainsweden | 2006-03-01 06:06 | スウェーデン 街・生活の紹介