★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今日から夏時間

 今日から夏時間です。日本との時差、マイナス7時間になりました。でも今日は雪のち冷た~い雨でした。それなのに、無謀な試み。
f0023570_7342076.jpg
 ブルーベリーなんてまだまだ生で食べられるような物は手に入らないのに、ブルーベリーチーズタルト。

 大好きなzo.chikaさんもnonshiさんもCaludia Flemingのデザートを作ってらっしゃる。このお二人のブログは見ているだけで、作らなきゃ!という気にさせられるのですが、これも例外ではなく、私も私も~といそいそと本を出してきました。Claudia Fleming著のThe Last Course: The Desserts of Gramercy Tavern。とても洗練されたセンスで、今まで作った物はどれも間違いなく美味しい。なのにしばらく本棚で眠っていました。(そういう本、多い・・・汗)

 Blueberry Cream cheese tarts with graham cracker crust。グラハムクラッカークラストとはいっても、あのグラハムクラッカーを砕くのではなく、生地を一から作るので、とても香ばしい。さらにクリームはカスタード、クリームチーズ、生クリームを合わせたもの。ブルーベリーもnonshiさんが書いてらっしゃるように、煮出したブルーベリーのシロップと生のブルーベリーをあえています。でも、こちらはまだまだブルーベリーなど出回りません。ホンノすこーし輸入物が売られていますが、おそろしく高い!さらに質も悪い。だから今回は冷凍を使いました。それがいけなかったかなぁ、粒が小さいし生のブルーベリーのプチプチ感がまったくありません。

 実は以前、一度大きなタルト型で作っていました。確かに美味しかったけど、切り分けてしまうとクリームもベリーも流れて大変だった記憶が・・・ だから小さな型で再挑戦。

 ん、うまいっ! 一口食べた夫に何年ぶりかの(!)お褒めの言葉を頂きました。

 いえ、これ本当に美味しいんですよ。タルト生地にグラニュー糖を使うからか、カリッとした焼き上がりで、そこにトロトロのほんのりチーズ味のクリームが入って、今後チーズケーキはこのバリエーションを増やそうかと思うくらい。
f0023570_5201559.jpg

 分量でこれだけのタルトレット型が焼けました。本の通り、冷凍しておいて、5分ほど焼き直して冷ましてから使います。次は生のブルーベリーで再挑戦、としましょう。っていつになることやら?

 同じ本から、コーンミール入りのタルト生地も空焼きをすませました。これも出来上がりが楽しみ^^

 
[PR]
by kanainsweden | 2006-03-26 08:02 | 手作り菓子