★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

はまってます

f0023570_6371599.jpg
 ふくらめ~ふくらめ~ 

 先日ブルーベリーチーズタルトを作って以来、Claudia Flemingづいています。空焼きを済ませたコーンミールタルトは、Fig-Cornmeal Tartになる予定でした。

 ほとんどの果物&野菜は輸入に頼っているこの国。でなければあまりにもバリエーションが少なすぎます。スペイン、アフリカ、タイ、オランダ、etc. 最近トルコ産のイチジクを見かけていました。試しに買ってみたらさらっとした味だけど美味しい。これはタルトにしよう、と計画。せっせと生地も用意しました。コーンミール入りのタルト生地にイチジクを煮詰めたジャム状の物と生のイチジクがたっぷり載るレシピです。

 ところが、いざタルトにしようと買った日のイチジクはあまりにも甘味が少なくて。でも、冷凍していたタルト生地は解凍してしまったし、何か作らなくてはとページをめくって、これも作ってみたかったLemon-Lime Souffle Tartに急遽変更。こちらはタルト生地に(本来はアーモンドパウダー入り)レモンとライムの絞り汁たっぷりのスフレ生地を流して焼き上げる物。オーブンでスフレが膨らむ様子は何度見ても楽しいですね。



f0023570_6474295.jpg
 一応レシピには、通常のスフレと違い、焼きあがってから30分は大丈夫、ということだったのですが、やはりすぐにしぼんでしまいました。スフレ生地のみが少し残ったので、ココット型でも焼いてみたら、
f0023570_6541278.jpg

型の上まで膨らんでいたものが数分後にここまで沈没・・・ だからこれに比べるとタルト型で焼いた物は焼き縮みが少ないのかな。。

 でもレモンとライムの香りも味もしっかり。後味は「すっぱ!」 私好み。コーンミール入りのタルトは少しスフレ生地にはインパクトがありすぎたかもしれませんが、面白いコントラストでした。

 そして生で食べるにはちょっと・・・のイチジクは、こうなりました。
f0023570_70460.jpg
 イチジクのクラフティ。最初作るはずだった、Fig Tart の前のページに載っていたFig & Concord Grape Clafouti。ぶどうは買い置きがなかったので、イチジクだけ。お友達が遊びに来る日に作りました。でも熱々のデザートを出すのってタイミングが難しいですね~ 皆が揃ってから、オーブンに入れたので、「なんか甘い匂いがする~」と喜んでくれたけど。しかもよくよく考えてみたら、私はイチジクが大好きだけど、以外と苦手な人も多いんですよね。一応、美味しいとは言ってくれたものの、本当の所はどうだったのかちょっと不安。

 あ、でもクラフティも例外にもれず美味しくて、ますますこの本にのめりこんでいます^^
[PR]
by kanainsweden | 2006-03-30 07:09 | 手作り菓子