★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ダーラナホース

 今日はスウェーデンの民芸品をご紹介^^
f0023570_7124721.jpg
 スウェーデンを代表する民芸品といったら、まずダーラナホース(ダーラヘスト)が挙がるんじゃないでしょうか。こちらに来る前には手作業で作られていて素敵だな、と感じていたのに、すみ始めてみたら、これがお土産屋さんには必ず置いてあり、置物だけでなくキーホルダーやマグネットにまでなっていて、すっかり興ざめ(笑) なんとういうか、日本でダルマの置物が街中にも空港にも「外国人向け」土産として売られているような・・・ 馬の色が朱赤か青というのも、我が家のインテリアに合わないなあと感じていて。

ところが最近。日本のお友達から、真っ白なダーラナホースが欲しいというリクエストをもらって探していたらこの配色の物を発見。これは素敵。スウェーデンに住んだ記念として、買い求めました。

f0023570_722243.jpg
 スウェーデンでは馬のパターンを本当によく見かけます。それだけ生活に必要とされる存在なのでしょう。え~、本物の馬はちょっと苦手です。大きくて怖いし、一度だけ乗ってみた事がありますが、翌日お尻が痛くて痛くてイスに座れないくらいだったし、、、、 でも優雅に乗馬が出来る人は素敵~と憧れもあります。Robert Redfordなんか格好良いし。(笑) いえ、そんな感情抜きでこの白のダーラヘストは一目ぼれです。

もともとはダーラナ地方で子供用のおもちゃとして作られた物。400年以上も前から作られていた形跡があるとか。ナイフ一本でカービングされ、その後ハンドペイントされます。お友達が求めていたのは、馬の形はしていてもダーラヘストではなく、艶なし無地のモダンバージョン。それはそれで格好いいのですが、実は民芸品の野暮ったさも好きな私。我が家にはこちらを。

もうヒトツ、手仕事の素晴らしさが伝わってくるのは、スウェーデンの織物、Ekelundのタオル。
f0023570_7311274.jpg




f0023570_7313181.jpg
 スウェーデン王室ご用達品だそうな。日本にも入っているみたいですが、こちらに住む赴任者でも知らない人が多いくらいマイナーな存在でした・・・ これを知らないなんてもったいな~い。

 スウェーデンの伝統的な柄がとてもカラフルに織り上げられていて、見ているだけで美しい。もっとモダンな配色と柄のものもあるのですよ。ベージュ&ブラックとか、グリーンの濃淡とか。さらに手触りも柔らかくて最高。何度洗濯を繰り返しても、この色の鮮やかさはあせないんだ、とお店の人は言っていました。

 他にも、プレゼント用に買い求めたのはこんな柄。
 
f0023570_7382972.jpg

 ちょうど春なのでお花の柄が多いですね。
f0023570_7384272.jpg
 

 キッチンで使ってもいいのですが、吸水性抜群なので、私はトイレ用タオルとして使っています。トイレなら我が家に遊びにきた人にも使ってもらえるし。自分がいいと思うと、なんだかその良さを伝えたくなるんですよね~ 
[PR]
by kanainsweden | 2006-05-01 07:52 | 北欧インテリア・雑貨