★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Copenhagen International Furniture Fair

f0023570_725719.jpg

日曜日は、コペンハーゲンで開催されている、International Furniture Fairに行ってきました。

コペンハーゲン手前の駅から地下鉄に乗り換えてすぐ。写真が地下鉄。無人です。コペンハーゲンセントラル駅に行く手前の駅で乗り換えると、お買い物に便利と教わって以来、我が家のコペン行きはほぼこの方法で。だってデパートの地下に着くんですもの。
f0023570_722272.jpg


中もきれい。ご覧の通り、自転車ごと乗車することもできます。
f0023570_7243665.jpg


でもこの日はコンベンションセンターがある、Bella Centerという駅で下車。





f0023570_726149.jpg

四日間開催中の最終日のみ一般公開されるというもの。おそらく400以上の出展者数にも関わらず、事前申し込みで入場料無料。入るなり、北欧らしい木目のシンプルな家具の展示がずらりと並んでいました。モダンなルームアクセサリー類も豊富に並びます。
f0023570_6261070.jpg
アクリルのテーブル。我が家にはいらないけど(笑)面白い。

どうしても子供向けの商品には目がいきますね。
f0023570_627812.jpg

一番最初の写真でもご紹介した、Boblesという会社の製品。フォームで出来ているので手触りもいいし、何より形が可愛い~ 遊び方も無限にありそうで、もう少し子供が小さい頃に知っていたらほしかったなぁ。

f0023570_6273587.jpg

子供家具&雑貨は、この遊び場を囲うように展示されています。遊び場に置かれている家具やおもちゃは全て展示物でもあり、子供たちが実際に遊んで使い勝手を試せるというのもいいですね~ 

f0023570_6422827.jpg
 ホールを一旦出ると、なにやらテント張りになっているコーナーが。これも展示物のヒトツである、Fatboyという、ビーンバッグの進化版のような物が並べられていて、実際に座ってみてお茶することができるんです。もちろん、我が家もここで少し休憩。

f0023570_6463125.jpg

実演(?)中。ロープをひたすら編み続けていましたが、果たしてこのイスのすわり心地はいかがなもんでしょう?!私がこういう場所で考えていることは、「我が家にあうかどうか・・・」だけ。買えもしないのに(笑) でもそんな判断基準だから、

こういうイスや、
f0023570_6501638.jpg

こういうのが展示されていても、
f0023570_6503052.jpg

もはや家具としては見えず、アートなんだろうなぁと感心するだけなのです。

その点、
f0023570_6523246.jpg
 このイスは欲しい!と思いました^^ まるで羊さんみたいで愛嬌がありますよね。日本の夏に見ると、暑苦しい~と思うのかなぁ。ボツかなぁ。

f0023570_654961.jpg
 目的が思い浮かばなくても、温かみがあっていいなと思える物。

f0023570_654441.jpg
 Lundというスウェーデンの街にある建築学校の生徒達による製作。イスは、う~ん、私にはわかりません。

でも、これは素敵!同じく生徒の作品。
f0023570_6561463.jpg
 アクリルの鳥達が、本物の木に止まっている姿ですが、木に割れ目を作って中にライトを通してあるらしく、鳥が光るんです。冬場の暗い時期に、これが部屋の片隅にあったらいいだろうなぁと。

f0023570_658196.jpg
 こちらの白い木の形をしたコートハンガーも、以前から気になっているのですが、日本の自宅玄関には大きすぎだとわかっているので買えない。

その後、インテリア本(英語のばかり!!)が並ぶコーナーがあり、久々にしっかりと立ち読みをして、帰宅後に気に入った物を早速アマゾンでクリック^^ 

娘が、「もう、つまんないよ~」と言い出しました。そろそろお昼ご飯の時間。展示場内にも素敵なカフェがありました。
f0023570_6591570.jpg
 
この雰囲気、好きです。たとえ少々まずくても許します。でもこの日の目的地は別のところでした。

電車を乗り継いで、コペンハーゲンセントラル駅で下車。チボリ公園すぐ傍に開店したばかりのお店へ。wagamama。ロンドンベースのラーメン屋なのでしょうか?詳しくは知らないのですが、とにかくコペンハーゲンでラーメンが食べられる!とおおさわぎして、大きな大きな期待をして行きました。
f0023570_733955.jpg
 餃子は、まぁ自宅で作るくらいの物です。キッズメニューのカツカレーは、娘にはスパイシーすぎましたが、私は美味しく食べました。ラーメンは、、、、、え~これはラーメンと思ってはいけません。なんというか、やわらかい何かの麺が入ったスープ、上にはグリルドサーモン、グリルドチキン、生ほうれん草のせ、、、、。あぁぁぁ。ラーメン好きの夫は一言。

「次は皆、カレーをオーダーしよう」

ちなみに、写真の物+ラーメンがもう一人前で約6000円!日本の外食産業はエライと思いますよ~

お腹もいっぱいになったところで、この日の予定はアップ。

家に持ち帰った物。
f0023570_7132510.jpg
 カタログや本、雑誌など。中には内容の濃い読み物もあって、いつゆっくり読めることやら。

f0023570_7144458.jpg
 こちら、ハンス・ウェグナーの作品のポスター。ウェグナーのイスが我が家に来ることはおそらくないでしょう。でもこのポスターを眺めて、目の保養にするとします^^
[PR]
by kanainsweden | 2006-05-08 07:32 | コペンハーゲン