★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Kanelbullens dag シナモンロールの日

f0023570_7322647.jpg
 

 幼稚園に娘を送っていくのが8時半。その足で帰り道のスーパーに寄ってお買い物、が日課です。今朝も帰りにスーパーでお買い物をしていたら、知り合いにばったり。

「ねぇ、今日シナモンロールを食べる日なんですって。知ってた?」
と彼女。

 知らなかった~そんな日があったなんて。スウェーデン人はシナモンロールなんて毎日のように食べているだろうに、特別な日があるのね。どおりで、今朝はパン屋でもスーパーの入り口でも

"10月4日は Kanelbullens dag - シナモンロールの日 ”

とありました。というわけで、スウェーデンのシナモンロールのご紹介。写真は全て、少し前のものになりますが・・・





f0023570_7354351.jpg
 シナモンロールはKanelbullar カネル・ブッラーと呼ばれます。これとコーヒーが、スウェーデン人のお茶の時間の定番。何というのか、お茶とおせんべい、紅茶とスコーン、みたいなこの国の人にとってなくてはならないのかな、と思わせるくらい。 パン屋にもずらっと並ぶシナモンロール。写真中段がそうです。フィリングはシナモンとシュガーのもの、カルダモン入りのもの、トッピングはアーモンドのもの、パールシュガーのもの、と種類も色々。コンビニでもガソリンスタンドでも、駅の売店でも、何はなくともカネルブッラーは買えます。アメリカのシナモンロールのような甘いアイシングがかかっていないのと、パン生地もアメリカのに比べると甘さ控えめ。(あれはあれで、たま~に食べたくなるんですけどね)
 
 とにかく何かというとシナモンロール、それなのにどうして10月4日が特別な日なのかしら。これは面白そう~ とちょっと調べてみました。

 すると・・・ 何とこの kanelbullens dag は1999年に Home Baking Association なる組合(?)によって作られたのですって。ということは、もっと皆さん、お家でシナモンロール作りましょう~ってこと??このサイトにちゃんとレシピまで載っています。

f0023570_7383760.jpg
 スーパーにはこんなミックス粉も。お料理なんて滅多にしない、というスウェーデン人の知り合いも、ある集まりの時に自分で焼いたシナモンロールを持参していておどろいたことがあります。ちょっとイーストが過発酵?と思わせるような匂いはあったのだけど、ということはこんなミックス粉を使ったわけではないのは確か。

 それにまつわるちょっと面白い話。スウェーデンではその昔、女性の料理の腕を判断するのに、ミートボールとシナモンロールを作らせたのだとか。この二つが上手にできて初めて、「あなたはお料理上手」と評価してもらえたんですって。日本だと何にあたるのでしょう?

f0023570_7513243.jpg
 私も作れるようになりたい!と試してみました。材料はこれだけ。

f0023570_7524173.jpg
 ロールピンを出してきたら、娘はだまってません。「一緒にやる~~!!」
 
 はい、伸ばして~ 

f0023570_7562829.jpg
 フィリング、塗って~

f0023570_7572365.jpg
 くるくる巻いたら、切って。切るのは、デンタルフロス。

f0023570_758118.jpg
 溶き卵を塗ったら、パールシュガーをパラパラ。

f0023570_759626.jpg
 これです。

f0023570_80217.jpg
 出来あがり!ちょっと巻きが甘いですね~ でも焼きたては美味しい^^

f0023570_804123.jpg
 私が作ったのもいかが? カメラに向けてくれているのはわかるけど、、、 その角度、 お、落ちるよ~~

 
[PR]
by kanainsweden | 2006-10-05 08:14 | 北欧菓子