★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お菓子を一緒に作る会

f0023570_6163938.jpg
 娘の幼稚園が始まって間もない頃、何人かのお友達からケーキを教えてほしいという身に余る言葉を頂きました。ケーキ作りは好きだけど、まだまだ教えるなんてとんでもない。でもお友達に食べてもらいたい。だから一緒に作って食べておしゃべりする会にしましょう、と。

 そうと決まった日から、今までにないくらい毎日が充実しています^^ 作ってしゃべってサーブして、、、で精一杯で、写真もろくに撮れないままお迎えの時間が来てしまうのですが。



 
 さすがに来て頂くからには、いくら作りなれたものだったとしてもぶっつけ本番じゃいけない、と思うから試作。そしてレシピの作成。いつかやりたいと思っていた、自分はこれ!とたどり着いたレシピをまとめて書き上げること。このきっかけで少しずつ。そして事前に用意しておいたほうがいい生地・パーツを前日、用意。試食用の完成品も用意。こんなことが楽しくて楽しくて。

まずはタルトを作りたいというリクエストがあったので、アプリコットタルト、いちじくのタルトレット&レモンクリームのタルト。この時は本当に時間配分に精一杯で、写真に残っておりません。

 生地は同じで、クレムダマンドを詰めてから焼くもの、その中でも火が通ったフルーツをのせて焼くもの、生のフルーツ(この場合いちじく)を詰めてやくもの。生地のみを空焼きしてから、クリームを詰めるもの。

f0023570_7271488.jpg
 
 そもそも赴任中というのはお菓子を作らない人も作るようになることが多いと思います。特にここのように市販のお菓子はどうしても口にあわない、となると食べたくなったら作るしかない。さらに日本にいる時より人を自宅に招く機会が増えます。だからそんなときに少し自分で作れたら、と思うもの。だから作りたい!と興味のある方が多くて、タルトの会はその後さらに二回。

 この時は洋梨のタルトをお土産にしました。

 次に応用範囲が広い薄焼きジェノワーズ。写真なしですが。ロールケーキ。細い帯に切って渦のように巻くデコレーションケーキと、長方形に切って重ねるだけのもの。
 
f0023570_756967.jpg
 ガトーショコラとムースショコラの日。初回はラズベリーを裏ごししなかったため、種がぽつぽつと残ってしまい、失敗。二回目はちゃんと濾しました。失敗を笑って許してもらえるのも、お友達だから、、、  
 そうは言ってもしゃべりながら作るのは普段しないし(一人で作りながらしゃべってたらこわいよね~)、段取りが頭に入っているようで入っていなくて、アワワワ~と焦るし、、、、 皆失敗しても笑って許してくれるものだから、すっかりお友達という気兼ねなさに甘えてしまっています。
毎回ごめんなさいね、バッチリ決まらなくて^^;

 試作をするのも、人に出すのも、失敗を書き留めて次につなげるのも、すべて目的ができるとこうも張り切れるか、と自分で驚くくらい。いえ、今までも何よりもの楽しみとしてお菓子を作ってきてたけど、作りたいという衝動も食べてもらいたいという気持ちも、家族だけでは消化しきれなくなっていたのかも。それにこの集まりがきっかけで、家族の記念日にケーキを作ったの!という報告を聞いたりすると、何よりも嬉しい。だって私のお菓子作りの原点はやっぱり実家で家族のために、夫や娘に作った記念日ケーキだから。

 何よりも、ここでのお友達が集まったときのプラスのパワーたるや。お会いする人みなそれぞれ得意分野があり、強さがあり、優しさがあり。だれかの悩みは他のだれかの悩みでもあって、でも話しているうちに笑い話に必ずなっていて、あぁこんなポジティブな人たちと知り合えて幸せとしみじみ思ってしまう。人付き合いが苦手で、一人行動派の私が今まで得られなかったエネルギーをもらって、なんとなく目の前がぱあ~っと開けた感じがするこのごろです。

 来週はチーズケーキ、再来週はクリスマスケーキ。また楽しくおしゃべりしましょうね~^^
[PR]
by kanainsweden | 2006-11-25 08:36 | 手作り菓子