★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ロイヤルコペンハーゲンのクリスマステーブル

f0023570_7532456.jpg
 暗い日が続いています。暖冬なのはいいけど、小雨の日が多くてブルー。

 こちらの人は、少々の雨では傘などささないのですが、長靴をおしゃれにはくんですよ。この白いジャケットのママと子供も長靴が似合ってますよね~ なんでしょう、同じ長靴を私がはくと 「これから農作業」 になるのはなぜ?? 今バーゲンシーズンなのですけど、来年用にロングブーツを買おうとしてはたと気づきました。ブーツが長すぎる!こちらの人が膝下10センチくらいのところで履くものが、私は膝小僧が隠れそうになる・・・ (涙) 

 





f0023570_7574262.jpg
 長靴の話ではなくて・・・ いまさらですが、ロイヤルコペンハーゲン本店のクリスマスセッティングの写真が少しあるので載せようと思います。

 ここ数ヶ月、改装中だったロイヤルコペンハーゲン本店、見事うまれかわっていました。以前の店内の写真がないのが残念なのですが、木製の棚がメインのクラシックなイメージでした。それがこのモノトーンに変身。ちょうど白地に黒の Black Fluted Mega という新パターンが出たばかりでもあったので、伝統あるお店がここまでモダンなイメージに変わるとはすごい。

f0023570_831336.jpg
 階段のレイリングのデザインです。カットワークのモチーフ、お皿のデザインに似てますね。

f0023570_84942.jpg
 毎年クリスマスシーズンになると、"Christmas Tables"と題してテーブルセッティングが紹介されます。今年は世界各都市のセッティングということでした。これはパリ。

f0023570_872285.jpg
 自分ではブラックのテーブルクロスやグレーのナプキンなんて使えないけど、なんて素敵なんでしょう。ナチュラルじゃないこのシックな雰囲気大好きです。

f0023570_8113865.jpg
 このセッティング、写真に収めた瞬間、娘が「トイレー!」となったので、どこの都市か見る間がなかった・・・ 白と黒とクリアーに赤のアクセントが利いています。私は奥の壁にはめ込まれた暖炉が欲しい!と思いました。

f0023570_8143189.jpg
 これ、わぁ楽しい!と娘は電車に釘付けだったけど、何だか派手だなぁと思ったら、タイトルに 「New York, More is More」 とありました。なるほど~ アメリカとはそういうイメージなんだぁと妙に感心してしまった。確かにアメリカに住んでいた頃はこういうイメージを目標にクリスマスのデコレーションをしていた気がする。それがここで二度目のクリスマスを迎えて、もう少しそぎ落とした控えめな雰囲気を好むようになっている自分に気づきました。

f0023570_8171924.jpg
 ロイヤルコペンハーゲンから出ているクリスマスプレートのシリーズはとっても素敵なんですよね~ 

f0023570_8181996.jpg

絵の細かさ、控えめに使われているゴールド。それに赤いリボンの下にある赤白ハートはデンマークならではのクリスマス飾り。これがハンドペインティングというのだから、どんなに無地のデザインが素敵だといっても、絵付けされたお皿はやっぱりすごいと思ってしまう。

f0023570_8203311.jpg
 絵付師がデモンストレーションをしています。メガのシリーズですね。釉薬をかける前の素の状態で書くので、絵の具はすぐにしみ込んでしまい、一切修正が利かないのだそう。そして焼くとお皿のサイズが少し小さくなるので、それも考慮した大きさの絵を描いています。

f0023570_8225685.jpg
 全くの下絵なしで、何の迷いもなく、すーっと筆を運んでいました。以前ロイヤルコペンハーゲンの工場に行った時には、デンマーク王室御用達のフローラダニカとブルーフラワーの絵付けを見ることができましたがその時に面白い話を伺いました。

 ロイヤルコペンハーゲンの器には、ロゴの三本線と絵付師のイニシャルが書かれます。ロイヤルコペンハーゲンに入ってから2年間だかの絵のトレーニングを受けた人たちのイニシャル。彼らはロイヤルコペンハーゲンで仕事をする限り、一生同じパターンを描き続けるのだそうです。そしてどこのお店に並べられていても、自分の描いた絵は一目でわかるんですって。裏のイニシャルをみなくても、まるで自分が書いた字が認識できるかのように、自分の絵はわかる。だから絵付け師は旅行先でロイヤルコペンハーゲンに入っては、自分のお皿を探してしまうのだそうです。

 特にブルーフラワーのようなパターンだと一枚一枚本当に表情が違うのがわかります。次、買うなら白無地!なんて思っていた私も、この話にはグラグラ(笑) お皿とはいえ、芸術品の世界ですよね。

 ここに入っているカフェはいまだに改装中。まだ行ったことがないので、できれば一度は行ってみたいと思っているのですけどね~ 

f0023570_852467.jpg
 お隣ジョージジェンセン。ここもアンティークなどが展示されていて素敵なのですよ。食器も銀器もまるで美術館で作品を見るかのように眺めて満足して出てきました^^ 
[PR]
by kanainsweden | 2006-12-30 09:13 | コペンハーゲン