★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:南仏ニース2005冬( 6 )

ニース旅行*最終日

 ニース旅行最終日。飛行機の出発時間は夕方6時。ホテル前のバス停から空港行きバスに乗ればいいだけなので、気が楽です。

 午前中はゆっくりとまたお散歩。いつも旧市街に向かって歩いていたのを、逆方向に歩き、この目的地に着きました。
f0023570_646043.jpg
 ネグレスコホテル。Le Negresco ー 世界でも有数の豪華絢爛なホテルらしいのです。宿泊は到底無理ですから、ちらっと見るだけ。前を通るだけ。

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-15 08:05 | 南仏ニース2005冬
f0023570_672198.jpg

 マセナ広場近くの赤壁。建物の色にコントラストとなるような色使いのシャッター窓が多かった。

 前日訪れた旧市街のマーケット。美味しそうなパンもたくさん売っていたので、朝食に行ってみたいと思い、朝のプロムナードを散歩がてら出発。ところが、前夜の天気予報どおり、ニースも寒い!とてもじゃないけど、マーケットで買ったものをベンチで食べるなんて無理でした。寒い寒い、と震えながら、とにかく近くのカフェに入ってホットコーヒーを飲み、その日の計画を立てました。

 歩いて城跡や港を見てまわろうと言っていたのも、この寒さじゃつらいので断念。そういえば、バスツアーがあった!と思い出して、寒さしのぎに乗ってみる事に。ニース市内を走る観光専門のバスは二種あって、遊園地内を走るようなミニトラムで街の要所を回るのが一つ、二つ目が Nice Le Grand Tourと呼ばれる二階建てバスで市内をまわるもの。

 ちょうどプロムナード・デザングレ沿いに Le Grand Tourのバスが泊まっていたので、私達は深く考えもせずこちらに。一人17ユーロ。高いですね~ でも市内の観光名所11箇所に停車、乗り降り自由で、たとえば港で降りてぐるっと散歩して、30分後のバスに乗る、また次は美術館で降りて、2時間後のバスに乗る、なんてことができるのです。港やモダンアート美術館、シャガール、マティス美術館、お買い物街などにとまるので、一日で効率良くまわりたい人にお勧めです。さらには音声ガイドがあり、街の簡単な歴史が聞けるのは嬉しい。

 二階建てバスで二階部分はオープンタイプ。さぞかし二階から街を眺めるのは気持ちが良いことでしょう、、と思う物の、寒さしのぎに乗ったので、一階に。それでもバスの中は寒く、体をああたためては途中下車という計画も実行不可と判断。ずっと座っていました。

 いわゆる観光があまり好きではない私達夫婦は、ガイドブックを見て片端からたずねていくタイプではありません。さらに一ヶ所のんびり滞在型なので、国をまたいで複数の都市を訪れるというのも未だかつて経験なし。自分達の興味のあることだけに焦点をあてて、気に入れば二度も三度も同じところを訪れます。歩いてまわってだんだん土地勘が出てくる、それが嬉しいのです。

 そんな私達だからこそ、滞在初日なんかにバスツアーを利用して、さらっと街を見てまわるのはいいのかもしれない、と思ったのでした。自分達だけでは見に行かなかったから。

 必ずしもバスから見た眺めばかりではないのですが。

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-12 07:50 | 南仏ニース2005冬

ニース旅行*旧市街

 
f0023570_6392992.jpg
 夫も元気になった三日目。朝食の開店時間が9時と遅めだったため、前日は入れなかったホテル近くのルノートル・カフェで朝食を。

 私はクロワッサンやパウンド、クグロフなどのセット。夫はトーストにスクランブルエッグとヨーグルトのセット。ここでのパウンドが印象的で、帰ってきてからすぐに作ったくらいです。いわゆるフランスのしっかりしたタイプでしたが、あの手この手でパウンドを新しく変えるより、このように基本が美味しいと再認識しました。

 店を出て信号待ちをしていると、ポケットからごそごそと何かが。夫のセットについていたジャムの小瓶が二つも出てきました!!ちゃーんと心得ているじゃない(笑)

 そのままプロムナードをゆっくり歩いて、海沿いの美しいアパート(アパルトマン?)やオペラ座を見ながら旧市街へ向かいます。マーケットが開かれているサレヤ広場(Cours Saleya)から入ったのですが、突然雰囲気が変わるのです。今まで見てきたニースが貴族やお金持ちによって作られたリゾート地が元となっているとすれば、こちらは元祖ニソワーズ。ニースはフランスと言えどイタリアとのつながりも強いらしいのですが、旧市街は本当に別の国に来たような雰囲気でした。

 まずはマーケット。火曜から日曜の朝にフラワーマーケットと食べ物が並びます。さっき食べたばかりなのに、さっそく美味しそうなお菓子を発見。カヌレとサブレを買いました。
f0023570_7211860.jpg


 ニースでよく見かけましたが、フルーツのシロップ煮というのでしょうか。種類がとても豊富。
f0023570_7135482.jpg

 オレンジ、レモン、金柑を買いました。これはお菓子の材料にするためです。
 

マーケットを抜けて
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-11 07:17 | 南仏ニース2005冬
f0023570_810591.jpg

 幸い、夫の症状はひどくならずにすんだのですが、風邪気味なのは確か。のんびりと朝を迎えます。朝食を食べに外へ出ると、青い空と青い海。しばらくスウェーデンの灰色一色の中にいたので、ブルーが目に沁みる!!数分外にいるだけで、夫も私も嬉し涙が、、、 ではなくて、まぶしくて涙が出てくるのですよ~ 

 ホテル前の道路サインを見ると、コートダジュールに来た!と実感できるし、モナコはこちらなんて書いてあると、わぁ~なんだか華やかなところに来たんだわ、と嬉しくなってしまう。実は私はミーハーなので、誰も訪れたことのない秘境の地より、こういう分かりやすいところが好きだったりします。

 朝食の後は通りを渡って、Promenade des Anglais (プロムナード・デザングレ)へ。
f0023570_4334382.jpg
一日目、最初の画像もこの"天使の湾”と呼ばれるニース海岸線の散歩道です。広々としてところどころにベンチやイスがあります。そのベンチに座って朝日を拝みましたよ。娘まで、太陽に顔を向けて目を閉じることを覚えました。(笑)

 今回の旅行の目的は:
① 日光浴
② 美味しい物を食べること
③ マティス美術館
④ ヴァンスの礼拝堂でマティスの絵を見る
⑥ シャガール美術館
⑤ カンヌに足を伸ばす

でした。夫の体調が最初の二日は優れなかったこと、ベビーカーを持参しなかったため、行動範囲がかなり制限されたこと、思っていたより寒くて外に出たくない日があったこと、などから最後の二つはあきらめました。ヴァンスは後からも書きますが、行っておけば良かったなぁと後悔しています。シャガール美術館は、ちょうど改装工事のため閉館中。ショック!

 カンヌは、、、行って何がしたかったかと言うと、映画祭が行われる国際会議場の階段で手を振ってみたかっただけ(アホ!)なので、ニースでのんびりできたのは結果的に良かったと思っています。

 さて、二日目のこの日、夫も少しなら出かけられるから美術館だけ行こうよ、と行ってくれたので、市内を走るバスを探して出発。ホテルで問い合わせると、15番のバスがマセナ広場(Place Masse'na)から出ているとのこと。ところがフロントで印をつけてくれたAve Felix Faure沿いを歩けど歩けど、15番はありません。気がついたら、長距離バス停留所Gare Routiere まで歩いていて、引き戻し、夫が再度停留所の地図を確認して、ようやく15番バスを通り一本中に入った、ギャラリーラファイエットそばに見つけました。
 
 

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-10 09:00 | 南仏ニース2005冬
f0023570_7532042.jpg
 年末年始をはさんでしまったので、少し遅れてしまいましたが、ニース旅行の記録も残したいと思います。12月25日~29日の日程で行ってきました。

 10月末ごろ、夫に
 「どこでもいいから南の方で美味しいものがある所、予約しておいていいよ」
と冬休みの日程をもらいました。わ~い、どこでもいいの?!
思いつくのはフランスかイタリア。で、あまり冒険心のない私としては、少しでも想像がつく方を選びがちで、まずは南仏にしようと決めたのでした。飛行時間は2時間だから、格安航空券で飛ぶ代わりに、ホテルはゆっくりできるところにしました。

 格安航空券の難点は、発着時間が不利なこと。だからニース空港に着いたのは25日の夜7時ごろ、その日はホテルにチェックインして寝るだけの予定です。色々とネットで調べたり、ホテルに問い合わせてみた結果、空港⇔市内間の移動にはバスが便利との事。海外で初めてバスに乗るのは緊張する物ですが、空港出口を出てすぐにチケットオフィスがあり、目の前の98番バスに乗ればいいよ、とネットで仕入れた情報が正しいことがわかり一安心。バスドライバーにも目的地を告げます。

 なお、土地勘のない所でバスに乗る際は、①バスドライバーに行き先を告げる ②なるべく前のほうに座る、というふうにしたほうが安心です。ニースでもそうでしたが、いちいちバス停名のアナウンスなどありません。だから「ここで降りたい」と告げておくと、ドライバーが着いたことを知らせてくれます。後ろのほうに座っていると、聞こえないんです。

 ホテルは海沿いのLe Meridien Nice。帰ってきてから知りましたが、日本の雑誌にも紹介されるようなホテルだそうです。海側とガーデン側でお値段がずいぶんと違い、もちろん我が家はガーデン側・・・ HPを見て期待を抱きすぎたのかも知れません。これといって特色のないホテルでした。利便性は良かったのですけどね。

 海沿いの道は、カンヌ→ニース→モナコと続く道でもあるわけですが、カジノや豪華ホテルが立ち並び、さらにクリスマスのイルミネーションがきらびやかで、夜到着した私達はまるでラスベガスのようだ・・・と思ったくらいです。このイルミネーションやネオンの明るさもスウェーデンにはないものですから、夜なのにまぶしくて不思議な感覚でした。
 

ん?夫が調子悪そう・・
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-08 08:02 | 南仏ニース2005冬

ニースから戻りました

f0023570_449196.jpg
ニースから戻ってきました~ 朝9時の太陽の位置が、スウェーデンでの日中の一番日が高い時間の位置よりも高く、まぶしくて涙が出るような日差しをしっかり浴びてきました。

f0023570_4493728.jpg
 ヤシの木が立ち並ぶ海沿いの道は南に来たことを実感させてくれます。海の青さ、建物の色鮮やかさ、太陽、全てがまぶしかったコートダジュールから戻ってくると・・・・

f0023570_4495781.jpg
 こうなってました! ヨーロッパに大寒波とはホテルのニュースでも聞いていて、さぞかしマルモも寒いだろうと思っていましたが、まさかこんなことになっているとは。寒さは厳しくても雪がめったに積もらない土地ですので、これは珍しい大雪なのです。このお陰で、飛行機が遅れ、電車が遅れ、帰宅したのは今朝の2時半でした~ 

f0023570_4501224.jpg
 ポストも綿帽子姿。

 日本はもう今年最後の一日ですね。私も今、気持ちばかりのお節を用意しようと黒豆を煮ています。のちほど、ゆっくりニース観光もアップしたいと思います。
[PR]
by kanainsweden | 2005-12-30 04:48 | 南仏ニース2005冬