★スウェーデンからの便りは終わりです。次は北京から!★


by kanainsweden
カレンダー

<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

のんびり週末

f0023570_624294.jpg

 体調はずいぶんと良くなったのに、先月末から悩まされていた顔、首、腕のアトピーが悪化、木曜あたりから顔がパンパンに赤くはれて、まるで自分の顔ではない状態です。今も、むずむずと痒くて顔の上を何かが這っているような気持ちの悪さ。今までも冬場になると乾燥が原因で首にアトピーが出ることはあったのですが、顔に出たのは今年初めてで、原因もわからず困惑しきっています。しかもこちらで皮膚科に診てもらおうと思っても、予約は一ヶ月先、今ひどいから見て欲しいというわけにはいかないのだそう。これも憂鬱の原因になっている気がしています。

 さすがに私もつらくて、先週は外に出たくないとこもりきっていたのを見て、それでは気が滅入る一方だと夫が週末連れ出してくれました。夫も体調万全ではなかったのですが、お買い物に付き合ってくれたり家族でスケートに行ったり。普段不平不満ばかりの自分・・反省です。

 でもやはり外は寒い!上の写真はお買い物に出かけた帰り。寂しげだけど美しい風景ですよね~ コペンハーゲン空港の発着便がきれいな飛行機雲を描いてくれました。
f0023570_611712.jpg

 そして久々に海を見てびっくりしました。なんと海が凍っているのですよーーー。陸に近いところは固まって、沖には氷の塊が流れていて、私は馬鹿のように「ここは北極か南極か~」とつぶやいていました。

 

やっぱり家でぬくぬくと、、、
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-30 06:25 | くらし
f0023570_5324525.jpg
 今日もソリで遊んできました。このグランドでクロスカントリーをしている人、発見。見ているとかなりの運動ですね~ 

暗いんです、、、
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-26 05:55 | スウェーデン 街・生活の紹介

スケートに続いてソリ

f0023570_5553511.jpg
 こんな立派なつらら、なかなか見ることないですね。今日の最高気温はマイナス5度くらいかなぁ。夕方4時にはマイナス10度近くなっていました。なのに、外で遊ぶんですよね~
f0023570_5575897.jpg
 木曜の夜から金曜にかけて、どっさり降りました。週末、夫は娘にソリをさせようと、ダンボールを持っていったのですが、やはり上手く滑れなかった様子。だから今日、こんなソリを買いました。300円なり。ただのプラスチックの板ですが、私の学生時代にはカフェテリアのトレイを皆こっそり持ち出してソリにしていたくらいですから、板があればいいのです。こんな簡単な物だけど、滑る滑る。

f0023570_5582716.jpg
 スウェーデンは坂が少ない平坦な土地です。本当に坂がない。ダウンヒルよりクロスカントリースキーが盛んなのはそんな理由からですが、ソリ遊びにも必要な坂はちゃんと探さないと見つかりません。ここは自宅そばのグランドですが、住宅街から海に出るのに道路を渡らなくても下をくぐればいいようにサイクリングコース・遊歩道と道路が立体交差しています。そのため、めずらしく坂ができているんです。

 スケートに続き、ソリデビュー。大はしゃぎです。今日用があって街に出たら、除雪作業が間に合っておらず、街中を歩くのに一苦労。雪が溶けてなくなるまでは、スケートではなくソリで楽しむこととします。
 
 洋服が濡れても平気平気。
 

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-24 06:54 | スウェーデン 街・生活の紹介

久々のシュークリーム

f0023570_4353980.jpg
 しばらく焼きっぱなしのお菓子ばかり作っていましたが、久しぶりにカスタードが食べたくなり、そうとなったらシュークリーム、スウェーデンの粉とオーブンでは初トライです。最近包丁も持たせてもらえるようになり、エプロンもお揃いになり、お菓子作りの際も単なるアシスタントではなくなったという意識を持っているのかどうか、娘がなんにでも参加をしたがるので、ちゃんと出来上がるのか不安でしたが、何とかふくらんでくれました。

 どうも、こういう事をする時にビデオなんぞ見せておけば手際よく済ますことができるのでしょうけれど、それをすると罪悪感を持ってしまう私。かといって参加させると、最後は半ばけんか腰になっていて、果たしてどちらがいいのか疑問ですね~

f0023570_4355364.jpg
 シュークリームは、カスタードと生クリームの二層仕立てが好きです。柔らかめのカスタードとしっかりあわ立てたクリーム。作りたての皮がパリっとしたのも好きですが、少し時間がたって皮がやわらかくなっているのも嫌いではありません。今日の午後、お友達の家に持って行きました。

 懲りずに行っています。

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-20 04:57 | 手作り菓子

街中のスケートリンク

f0023570_18432643.jpg

 12月に入ってからだったか、レストランが集結する街中の広場、Lilla torgにアイススケートリンクができました。夏場は、この広場に並ぶレストランがパティオ席を設置するのですが、外に出ていたテーブルとイスが片付けられて、アイススケート場になったのです。

 昨日、お友達と初めて挑戦してみました。アイススケート場といっても、25mプールくらいの大きさでしょうか。それでも日中は親子連れや学生達が楽しそうに滑っています。中には4-5歳くらいの子がさながらホッケー選手のように素晴らしいすべりを見せてくれます。(止まり方も壁に激突して・・という本格派)

 脇の小屋でスケート靴をレンタル。時間制限なく子供は20SEK(約300円)。高物価のスウェーデンでこれは安い!大人がビギナーの場合、普通の靴で入るのもOKなのです。私も最後にスケートをしたのは10年以上前(いや、もっと)で、自信なかったのでブーツのまま、ひたすら娘のサポートです。

f0023570_18434391.jpg

 娘にとって初スケート。靴を履かせている時からキャーキャー喜んで、歩きにくいのも楽しい様子。立つこともままならないので、「写真撮るから立ってて」というと、こうやって腕を広げて固まったまま(笑)

 何度尻餅ついても、楽しくて楽しくて、また明日もする!と興奮して帰ってきました。やれやれ、外がマイナス何度だろうと、これからはスケートが日課になりそうです。

 ずっと中腰で支えていた私は、腰痛。さらに腕まで痛い。なぜかというと、

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-17 19:12 | スウェーデン 街・生活の紹介
f0023570_5472267.jpg
 12月22日から1月8日まで、冬休みに入っていた児童館、Baby Cafe。1月9日の月曜日、久しぶりに行けると言うので娘は大興奮。先生に会うなり、嬉しくて「ぐふふふ・・・」と笑っていました。横浜に住んでいた頃は、公園に出れば同い年くらいの子供達がたくさん遊んでいて、自然とお友達ができていったものですが、ここではほとんど1歳を迎えると保育園に行く子が多いからか、公園にいって成り行き任せでお友達ができるのを待っていても無理なのです。だからBaby Cafeのような場所に連れて行って、子供同士で遊べる場所を提供してあげないといけない。三歳を過ぎた今、その必要性を強く感じています。
 
 さて、先月22日行われるはずのクリスマスパーティー、先生方の体調不良でキャンセルになってしまいました。それを13日に行うとのこと。娘も私も大喜びです。

 スウェーデンでは、クリスマスイブの日、家族・親族達が家に集まり、クリスマスツリーの周りを歌いながら踊るのだと聞いていました。いつもは部屋の隅においてあったツリーも、この日は中央に移動されており、ほかの飾りは外して、代わりにペッパーカッカ(クッキー)とお菓子がつるしてありました。

 いや~、踊る踊る。足をあげてまわって、左へ右へ、、、スキップして、手をつないで、ぐるぐる回って。結構激しいので私と娘はほとんど固まっていました(笑) しかも親のほうが真剣になって踊っている。途中で暑くなってセーターを脱いでいる人も。歌う曲は、全てクリスマスに関連しているらしいのですが、私達が知っているジングルベルやトナカイさんではなくて、スウェーデンの歌ばかり。大合唱。皆とっても楽しそうで、見ていて心温まりました。
f0023570_5474861.jpg
 歌い終わったあとは、一人一個ずつクッキーと袋に入ったお菓子をとって、テーブルセッティングされている部屋へ移動。

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-16 06:33 | クリスマスin Sweden 2005

ニース旅行*最終日

 ニース旅行最終日。飛行機の出発時間は夕方6時。ホテル前のバス停から空港行きバスに乗ればいいだけなので、気が楽です。

 午前中はゆっくりとまたお散歩。いつも旧市街に向かって歩いていたのを、逆方向に歩き、この目的地に着きました。
f0023570_646043.jpg
 ネグレスコホテル。Le Negresco ー 世界でも有数の豪華絢爛なホテルらしいのです。宿泊は到底無理ですから、ちらっと見るだけ。前を通るだけ。

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-15 08:05 | 南仏ニース2005冬

Skypeってすごい!

 世に遅れをとってるのかどうかわかりませんが、我が家もSkypeがつながりました。私の実家との通話。日本にいた頃は、お互いヤフー同士だったので、yahoo BBで通話料無料でした。が、こちらにくるとスウェーデンの通話料金が高い高い。父も母もパソコンを一台ずつ持っているし、これは絶対Skypeにしよう、と計画。今日テスト通話を終えて、無事完了。これで実家との通話は無料。さらに日本の友人に電話するのも今までのレートの1/10以下。スウェーデンの国内通話だって、1/10以下。素晴らしい!

 最初購入したアダプターは、インストール用のCDが入っていなくて、(おそらくだれかが返品したものだと思う)返品。新しく持って帰った物も、どういうわけかうちのPCと相性が悪くて、パソコンが平常に動作になくなってしまった。あせって電話して、復元して、違う機種を購入。今日、めでたく通じたのでした。

 父は久々に話す娘がすっかり会話できるようになっているのに驚き、明日さっそくテレビ電話にするべくカメラを買ってくると勇んでいます。音声など普通の電話よりいいくらい。夫の実家にも導入を進めるつもり。今まではメールのみの連絡でしたから、絶対喜ぶはず。さらにスカイプ仲間を検索すると、ロス時代に一緒だった友人の名があがってきた。嬉しい!

 でもここまでPCが普段の生活に入ってくると、やはりパソコン部屋に追いやるのは無理かも。リビングにあるほうが使いやすいなぁ、とまた模様替えの血が騒いでいます・・・

 
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-14 06:40 | くらし
f0023570_672198.jpg

 マセナ広場近くの赤壁。建物の色にコントラストとなるような色使いのシャッター窓が多かった。

 前日訪れた旧市街のマーケット。美味しそうなパンもたくさん売っていたので、朝食に行ってみたいと思い、朝のプロムナードを散歩がてら出発。ところが、前夜の天気予報どおり、ニースも寒い!とてもじゃないけど、マーケットで買ったものをベンチで食べるなんて無理でした。寒い寒い、と震えながら、とにかく近くのカフェに入ってホットコーヒーを飲み、その日の計画を立てました。

 歩いて城跡や港を見てまわろうと言っていたのも、この寒さじゃつらいので断念。そういえば、バスツアーがあった!と思い出して、寒さしのぎに乗ってみる事に。ニース市内を走る観光専門のバスは二種あって、遊園地内を走るようなミニトラムで街の要所を回るのが一つ、二つ目が Nice Le Grand Tourと呼ばれる二階建てバスで市内をまわるもの。

 ちょうどプロムナード・デザングレ沿いに Le Grand Tourのバスが泊まっていたので、私達は深く考えもせずこちらに。一人17ユーロ。高いですね~ でも市内の観光名所11箇所に停車、乗り降り自由で、たとえば港で降りてぐるっと散歩して、30分後のバスに乗る、また次は美術館で降りて、2時間後のバスに乗る、なんてことができるのです。港やモダンアート美術館、シャガール、マティス美術館、お買い物街などにとまるので、一日で効率良くまわりたい人にお勧めです。さらには音声ガイドがあり、街の簡単な歴史が聞けるのは嬉しい。

 二階建てバスで二階部分はオープンタイプ。さぞかし二階から街を眺めるのは気持ちが良いことでしょう、、と思う物の、寒さしのぎに乗ったので、一階に。それでもバスの中は寒く、体をああたためては途中下車という計画も実行不可と判断。ずっと座っていました。

 いわゆる観光があまり好きではない私達夫婦は、ガイドブックを見て片端からたずねていくタイプではありません。さらに一ヶ所のんびり滞在型なので、国をまたいで複数の都市を訪れるというのも未だかつて経験なし。自分達の興味のあることだけに焦点をあてて、気に入れば二度も三度も同じところを訪れます。歩いてまわってだんだん土地勘が出てくる、それが嬉しいのです。

 そんな私達だからこそ、滞在初日なんかにバスツアーを利用して、さらっと街を見てまわるのはいいのかもしれない、と思ったのでした。自分達だけでは見に行かなかったから。

 必ずしもバスから見た眺めばかりではないのですが。

More
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-12 07:50 | 南仏ニース2005冬

ニース旅行*旧市街

 
f0023570_6392992.jpg
 夫も元気になった三日目。朝食の開店時間が9時と遅めだったため、前日は入れなかったホテル近くのルノートル・カフェで朝食を。

 私はクロワッサンやパウンド、クグロフなどのセット。夫はトーストにスクランブルエッグとヨーグルトのセット。ここでのパウンドが印象的で、帰ってきてからすぐに作ったくらいです。いわゆるフランスのしっかりしたタイプでしたが、あの手この手でパウンドを新しく変えるより、このように基本が美味しいと再認識しました。

 店を出て信号待ちをしていると、ポケットからごそごそと何かが。夫のセットについていたジャムの小瓶が二つも出てきました!!ちゃーんと心得ているじゃない(笑)

 そのままプロムナードをゆっくり歩いて、海沿いの美しいアパート(アパルトマン?)やオペラ座を見ながら旧市街へ向かいます。マーケットが開かれているサレヤ広場(Cours Saleya)から入ったのですが、突然雰囲気が変わるのです。今まで見てきたニースが貴族やお金持ちによって作られたリゾート地が元となっているとすれば、こちらは元祖ニソワーズ。ニースはフランスと言えどイタリアとのつながりも強いらしいのですが、旧市街は本当に別の国に来たような雰囲気でした。

 まずはマーケット。火曜から日曜の朝にフラワーマーケットと食べ物が並びます。さっき食べたばかりなのに、さっそく美味しそうなお菓子を発見。カヌレとサブレを買いました。
f0023570_7211860.jpg


 ニースでよく見かけましたが、フルーツのシロップ煮というのでしょうか。種類がとても豊富。
f0023570_7135482.jpg

 オレンジ、レモン、金柑を買いました。これはお菓子の材料にするためです。
 

マーケットを抜けて
[PR]
by kanainsweden | 2006-01-11 07:17 | 南仏ニース2005冬